10月17日(土)仕事終わりの普通の話

どっぷり雨の1日でしたが、普通にお客様も来ていただいて無事に売り切ることができました。ありがとうございます! 常連さんが今日丹波篠山の黒豆の枝豆をくださって、今茹でながら書いています。あ、茹で上がったのでつまみ食い・・・感動の美味しさです!プリッと大きくて味が濃くて歯応えもあって、お、美味しいっ!です。ありがとうございます。 やっぱり感動があるっていうのはいいですよね!感動がないものは食べたくないなって思います。どうせなら美味しいものを食べて生きないとね!生きている意味がないよね!と力説したくなります。美味しく食べたいがために働き、運動をし、眠るのだ! そんなことを豆を食べて思ったわけです。 枝豆とビールのためにも今日は泳ぎに行かなくっちゃ!と久しぶりに泳いだので更に美味しいです。

今日は10月17日 自分の誕生日から半年も経ちました。 早く歳を取りたいって思っていたのが、いつの間にか歳を重ねることが寂しくなって来ました。老けるとかそういうことではなくて、この愛おしいいろいろといつかはサラバしなければならない時が来るということがじわりじわりと想像できるようになってきたからです。 近しい友人がいなくなったり肉親がいなくなったり愛猫がいなくなったりすると、「これは現実なのか?」っ疑いたくなります。昨日まで見えていた人(猫)にもう触れることもできなくなるんですからね。 なので今、生きている間にやりたいことはやっておかないとね!

雨降りになると、水を連鎖してよけいに泳ぎたくなります。水の音を聞くと喉が渇いたり、おしっこをしたくなるような、自然な反応です。 枝豆も手伝って泳ぎに行ったプールは一人一レーン状態で、「来てよかったな!」って思いました。ナギの状態の海を泳ぐようにプカプカと水中移動を繰り返してスッキリしました。日向ぼっこをしていたアシカが不意に海に飛び込むような感じですね!