12月1日(火)お休みの日の普通の話

火曜日はいつも「あーやりたいことがやりきれない!」って思うのです。 お店が休みだからこそやりたいことの前に、お店にスープを作りに行ったり買い物に行ったり帳簿をつけていたらあっという間にお昼もずいぶん過ぎてしまってる〜!(これを仕事とも言う) やっとエッセー本の校正にとりかかってやっと調子に乗って来たら、夕方になって泳ぎに行きたくなります。 1日が36時間あればいいのに(なぜか36時間)もしくは週休3日欲しい。コロナ自粛の時は、理想的な感じなんですけどね。 私の集中力がもっとUPすればいいんだけど、それとはまた違うんだなー。 朝ドラの「エール」のゆういちさんが言っていたように、「音楽が自分の頭の中に浮かび上がってくるのを楽しみたい」と似たような感じで、あれやこれやと頭に浮かぶことを楽しみたいって感じでしょうか?

ずっとハワイ島と奄美大島と宮崎が気になって仕方がないのですが、ハワイ島は道筋かできたし(勝手に決めてる)ヒコーキが飛んだら行きたいなって思っています。 奄美は何年も前からヒコーキ便を確認したり、泊まるところも決めているのですが、なかなかお休みを取る余裕がなくて躊躇していました。 そこへカナさんが行くと言うのでその宿を紹介したところ、昨日写メと共に(今、カナさんは奄美への旅中です)その宿の方がミアズのことを知っていて、本も持ってくださっているそうだと連絡が来ました。「うぉ〜!」これは行くしかないな。 でもどうやって時間を捻出するか?が問題です。

まぁそんなこんなで、やりたいことと残された時間とのせめぎ合いで、日々苦悩しています。でも心に引っかかることはなんとか実現して行かなくっちゃね。 

さっきマーキーが言ってたのですが、「基本はハダカで服はその上に身につけるもの。服に着られないように。」って。 まずはハダカの自分がどうか?(心も体も)です。周りがどうか?ではなくて、自分がどうか?それが基準です。