1月13日(水)仕事終わりの普通の話

今日はちょっぴり寒さがましで、先週のデットタウン感が緩和されたような気がします。「サンドイッチブルース」が入荷したおかげで買いに来てくださった方もいたし、発送もあったので今日は無事に終わることができました。loop舎の担当のタカさんから聞いたのですが、なんと!吉田美奈子さんも本を注文してくださってるそうです。吉田美奈子さんは日本一の女性ボーカリストです。

彼女の音楽に出会ったのは19歳くらいの頃だったと思うけど、胸の奥の扉が開くような感覚になりました。「時よ」を検索して聴いてみてください。多分山下達郎さんのが出てくると思うけど、バックコーラスの美奈子さんが素晴らしい。彼女の曲だからなんですけどね。そしてぜひ吉田美奈子さんバージョンの「時よ」も聴いてほしい。大好きな「海」を生で聴いた時、私は宇宙に行ってしまいました。「風」も好き。美奈子バージョンの「チャイニーズスープ」も「夢で会えたら」もめっちゃいいですよ! 

あの頃から30年ほど経って、私は離婚してまたライブ三昧をしようと、最初に行ったのは美奈子さんのライブでした。その時にパンを差し入れて以来、私のことを認識してもらって、ライブに行くたびにハグをしていただく関係になりました。(自慢のエピソードです)有名人(巷の有名人も)は愛想だけということがありがちですが、彼女は違います。ちゃんと人と向き合う、デリケートなハートの持ち主です。大好きです。 長くなりましたがそんな美奈子さんからloop舎に注文があるのは、私に注文するとプレゼントしてしまうのをわかっているんだと思います。美奈子さんについて熱く語ってしまいましたが、そんな美奈子さんから注文があって嬉しいです。19歳のわたしから繋がってきてるってことですね。

今日は数年前に天国へ行った友人ゆきちゃんの誕生日でもあります。そういえばゆきちゃんと出会ったのも19歳の時でした。夜空に「おめでとう」 音楽と共に風景が声が笑顔が蘇ってきます。