2月20日(土)仕事終わりの普通の話

朝は寒かったけど、昼間は暖かい1日でした。ホームページの不具合はバージョンアップについていってなかったそうで、カレンダーのページはグーグルカレンダーを貼り付けています。メールは近頃セキュリティーが厳しくなったらしく、時々こういうことになるらしいですが、私としては「これは何か、時空のブレが起きているのではないか!」と想像してしまうのです。会話の中で出てきた人がつづけてやって来たし、泳いでいても「お!」って思うことがあるし、昨日はお店の電球が7つも!切れていました。そしてその日に私はclubhouseなるものに招待して足を踏み込んだのです! 

と、ドラマチックに書いてみました。近頃話題のclubhouse です。「え〜?」っと思いながらも、興味もあるし、覗いてみようと入ってみたら、「なんか面白ろそうやん!」と言うのが最初の感想です。まだ入部して1日なのでひよっこですが、会員制ナイトクラブ的な感じがいいですね。 

snsの普及がとっても今時ですが、陸にいるか海にいるか空にいるか?みたいなもので「わからへんしアナログで」という生き方は陸にいてるようなもので安全で安定している今までの現実社会のような感じ。いざネットやsnsの世界の突入することは航海にでるようなもので面白いけど危険な感じです。さらに発展して空中に舵を取るのが今の時代なんでしょうか?どの選択も楽しいと思います。陸で生き切るのも、航海にでるのも、空に羽ばたくのも人生です。危険だけど海や空から見る景色はわりと面白いのかもしれないな。ちゃんと泳げるかな?飛べるかな?でもしんどそうだな。それでも見てみたいな。空から見ると身近に理解者がいなくても離れたところに通じ合える人もいるわけだし、そう考えると今の時代は生きやすいのかもしれません。子供の頃を思い出して、傷つくのを恐れずに行動する方が、理解者に出会える可能性は高いのかもしれないですね。

私はこの片田舎でお店を営みながら電波で空に発信していますが、それでも毎日読んでいるというメッセージをもらうととても嬉しいし、書こう!と思うことができます。今日、サンドイッチブルースの読書感想文をいただきました。めっちゃうれしかったです。文章を読んで感動しました。あー思い切って航海にでてよかったなって思いました。陸も海も空も魅力的。この世に生まれたのだから私は全部を見てみたいです。