6月27日(土)仕事終わりの普通の話

6月が急に月末になったような気がします。忙しさが戻ってきて、1日のうちに、やるべきことが終わらなくなって来たでしょうか? コロナ自粛の時にやっと出来ていたことが、また日常に流されないようにしないとダメですね。そう思えること自体が進歩です。 今日は4時半にお店を閉めました。でも、6時前にパンの受け渡しがあったので、一旦帰宅して顔を洗ったりお茶を飲んだり洗濯物を入れたり、猫の餌まわり(アリが狙っていたので)を掃除したりしてから、今度は自転車に乗ってお店に向かいました。 信号がパーフェクトに青でおまけに軽い下り坂だし、夕方の風が気持ち良くて、やっぱり自転車はいいなぁと思いました。ちょっと早めに着きそうだったのでゆっくりと猿沢池周りで走っていたら、新しいスターバックス周辺がたくさんの人で賑わっていました。 昨年の梅雨時は梅雨の晴れ間でも大したことなかったですが、自粛解禁のせいか、梅雨にもかかわらず、人が外に出てるようです。夕方だとマスクも暑くないしね。 奈良町界隈を歩いている人が「え〜この辺みんな閉まってる〜!」って残念そうに言ってました。ずっと開けていられるお店はマニュアル化しているところだけで、正味の人間がやってるところは限界があるから仕方がないですよね。儲けるだけが人生ではないですからね。 それでも好きな人は開いている時間帯に来てくださいますし。 コロナのおかげでそれぞれが自分のコンセプトについて考えてそれを実現していけると良くなっていくんだろうなと思います。

帰りは東向き通りを自転車を押しつつ歩いていたら藤井風の「優しさ」が流れて来ました。思わず歌いそうになりました。「冷静に冷静に」←(映画監獄のお姫さまのキョンキョン風に。)そしてきたまちエリアを再び自転車に乗って帰って来ました。若者がたくさん歩いていて、開いているお店にもたくさん人がいてワイワイやってる風でした。こういう感じがそのうち普通になるのかどうかはわからないけれど、個人的にはプールに泳ぎに行きたいので大したことにならないように願います。夏はまだこれから、さてどうなることやら。ですね。続く。。